スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽と自分

自分にとって音楽とは何か?

生きていくにあたって、どこら辺に位置するものなのか?

口で表すのはとても簡単だ。

音楽が無いと生きていけないとか、音楽で救われたとか、それこそ「no music no life」とか。

僕にとっての音楽ってのは、「生きていく上で必要」とかじゃなくて、「生きていくと自然とついてくるもの」で、生きてるから音楽があるんやと思ってます。

最初の日記でちょっと重い内容かもしれんけど、最近子ども達を対象とした悲惨な事件が多くて、ちょっといろいろ考えました。

俺が小さい頃から、親父の影響で家の中は音楽が溢れてた。そのおかげで音を楽しむっていうことが、普通の人よりは出来てると思う、それはたとえば、曲全体の雰囲気であったり、歌詞の内容であったり、様々で。

音楽ってのは、政治や宗教と一緒で、すごい影響力があると思う。

その影響力を、悪いほうに持っていくか、良い方に持っていくかは、演奏する側と聴く側、両方にかかってると思う。

別に何が悪いとか良いとか解らんけど、音を楽しむ事によって、少しでも平穏が訪れてくれればと思う、今日この頃でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kenken0328.blog53.fc2.com/tb.php/5-3b78c6f7

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。